仏教のことば:「機根(きこん)」

Pocket

機根(きこん)

人の根性、性質、賢愚、能力など。機根 機とは、働きのことですので、機根とは、働きを起こす能力のことをいいます。通常は、説法を聞いて、現実的な動きとして働き始める能力のことです。英語では、機根のことをキャパシティ capacity (能力)と訳します。

衆生の機根は三根に分類される。

・上根…すぐれた素質や能力を持つ者。

・中根…中程度の素質や能力を持つ者。

・下根…仏道を修する力の乏しい者。意思が弱く、機根が劣っている者。

の三つである。

機根(きこん)とは、仏の教えを聞いて修行しえる能力のこと。また仏の教えを理解する度量・器のことで、さらには衆生の各人の性格をいう。一般にいう根性は、この機根に由来する言葉である。

「機」とは、人の心の機縁、はたらきを意味し、「根」とは、その人の根本的な性質や性格を意味する。

釈迦仏は、インドで生まれ菩提樹の下で成道してから、さまざまな人に応じて説法をした。しかしそれら衆生の性格や気質はそれぞれ異なる。そのために各人に合わせて教えを種種雑多に説いた。これを対機説法(たいきせっぽう)・臨機応変(りんきおうへん)という。

大乗・小乗、頓教・漸教(頓=すみやか、漸=ようやく、すぐに悟れる教えを頓教、次第してようやく悟れる教えを漸教)などの差も、この機根に応じて説かれたものである。

仏が入滅した後、この「機根」に様々な等級がつけられるようになった。

正定聚機(しょうじょうじゅき) – 教えを聞いて必ず悟ることができる機根
邪定聚機(じゃじょうじゅき) – どうしても悟りえない機根
不定聚機(ふじょうじゅき) – 前の二つの中間にあって、どちらに進むか定かでない機根

という三定聚に分かつ。

仏教においては、弟子や衆生のこの機根を見極めて説法することが肝要で、非常に大事であるとされる。

また各種経典においては、

利根(りこん) – 素直に仏の教えを受け入れ理解する人
鈍根(どんこん) – 素直に仏の教えを受け入れず理解しにくい人

などという用語も説かれている。たとえば涅槃経四依品第8にも「是の無上なる大涅槃微妙の経典も、鈍根薄福の者、二乗の者は業報を受けるが故に聴聞を楽(ねが)わず、むしろ憎悪誹謗す。それは粟、稗を食す人が、稲米、石蜜を知らず、我れ食すもの第一なりというが如くなり」などとある。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用