慈悲

「慈悲深い」という言葉でも馴染みがある「慈悲」という言葉。
その意味は何でしょうか。
慈悲(じひ)は仏教用語で、「仏や菩薩(ぼさつ)が人々に楽を与え(=慈)、苦しみを取り除くこと(=悲)」を意味する言葉です。
ここから派生して一般的には「思いやり」や「情け」という意味で使われています。

「慈」は訓読みで「いつくしみ」と読み、「情けをかける」という意味や「母」という意味を持っており、「悲」は「かなしい」という意味のほかにも「情け深いこと」や「恵み」という意味を持っている言葉です。
熟語で考えてみると、慈愛(じあい)という言葉は「深い愛情」を意味しますし、大悲(だいひ)という言葉は「大きなかなしみ」ではなく、「仏や菩薩の大きな慈悲」を意味します。
続きを読む →

堂々巡り

国会で投票によって議決するとき、議員が演壇上の投票箱に順次投票することにもつかいますが、堂々巡りとは、信徒や僧侶が願い事を叶えるために、神社や寺のお堂の周りを何度も回る儀式のことを言いました。
そこから、同じことを繰り返し続けることを「堂々巡り」と言うようになったようです。
国会もなかなか結論も出なくて堂々めぐりしてますね。
続きを読む →

もったいない

勿体(もったい) ない

昔の食卓では、子どもがご飯をこぼしたりお菜を食べ残したりすると、親から「もったいない」といって叱られ、一粒のお米でも拾わされたりしたものですね。
幼いころ、ご飯粒をお茶碗に残しては「もったいない、お百姓さんに悪いでしょう」と、親に叱られたもので、一粒のお米でも拾わされたりしたものですね。
今は、そういう古めかしい「しつけ」はあまりみかけなくなりましたね。
3つ子の魂100までというが、今でもご飯を残す際はとりわけ心が痛みますよね。
「もったいない」という言葉がどこからか響いてくるようですね。

「もったいない」という言葉は、使える物を粗末にしたり生きる好機をみすみす失ったりする時に、よく使われています。
つまり尊い「もったい」を「なくする」意味ですね。

続きを読む →

看病

風邪などで寝込んで動けない時、看病してくれる人がいると何かと助かりますね。
では、どんな人に看病してもらえるとうれしいでしょうか。

「もし風邪で熱が出て寝込んだ時、誰かに看病してもらいたいですか?」と尋ねたところ、男女別に見ると、「看病してもらいたい」の比率は男性より女性の方がやや高いようです。

今でこそ、病人の面倒をみたり、世話をやいたりする「看護」の意味でこの語は用いられますが、本来は病気を治す行為そのものを指しました。

とはいっても、この場合のお医者様はお坊さんです。

続きを読む →

五体

乙武洋匡(おとたけひろただ)氏の「五体不満足」という本がずいぶん前にベストセラーになって図書館などにも置いてあるので一度は読んだことがあるのでないでしょうか。

五体満足という語句にかけてのこのタイトルはなかなか強烈でしたね。

お腹に赤ちゃんが宿ると一様に願う親心。
それは「五体満足」。

この場合五体というのは人として身体に欠陥なく生まれてきてきてほしいという意味ですね。
本来の意味は頭部を含めた胴体に2本の腕、2本の足が揃っているという意味らしいですが、指や目、鼻などの部位すべてを含んだものをさすのが普通です。

続きを読む →