仏教のことば:「往生(おうじょう)」

往生(おうじょう)

浄土へ往って、仏の世界に生まれることです。
普通、死ぬことの意味にも用いられています。

往生」というと、「今日隣の婆さん往生したそうだ」とか
弁慶の立ち往生」のように「死んだ」という意味で使われます。
そのため、関西方面でよく「往生せいや−!」というのは、
死ねやー!」という意味で理解されています。
また、長生きした人が老衰で息を引き取ると「大往生」といわれます。

続きを読む →

仏教のことば:「厭穢欣浄(えんえごんじょう)」

厭穢欣浄(えんえごんじょう)

厭離穢士、欣求浄土の略。
けがれたこの世を厭い離れてきよらかな阿弥陀仏の浄土を願いもとめることです。

苦悩多い穢 (けが) れたこの娑婆世界を厭 (いと) い離れたいと願うこと。「おんりえど」とも読む。欣求浄土の対句で,両者を合せて厭穢欣浄 (えんねごんじょう) ともいわれる。

続きを読む →

仏教のことば:「縁起(えんぎ)」

縁起(えんぎ)

因縁生起のことです。
ものごとの成立するさま。

ブッダは、すべてのものが、この世に存在をするためには、その状態を保っている要素があると教えています。

そして、人間の存在を構成し、保っている要素を分析する事で、苦から脱却するための覚りに至っています。

その分析内容を、教えにしたものを縁起と言います。

続きを読む →