仏教のことば:「彼岸(ひがん)」

Pocket

スポンサーリンク

彼岸(ひがん)

迷いの此岸から、苦悩の流れを越えて到達する悟りの世界のことです。
普通、春分、秋分の日の前後七日間をもいいます。

三途の川をはさんで、こちら側の世界、此岸 しがん 人間の世界。
向こう側の世界、彼岸 ひがん 仏様の世界、悟りの世界。

彼岸の原点は梵語のパーラミター(波羅蜜多)で、超える、渡る、の意味から到彼岸と訳されました。

お彼岸の時期に先祖供養をするのは、日本独特のものです。先祖を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日です。
歴史的には806年(大同元年)に早良親王(崇道天皇)の霊を慰めるため行われたのが最初といわれています。

「春分の日」は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、
「秋分の日」は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、国民の祝日に定められていますが、「春分の日」と「秋分の日」は、お彼岸の中日でもあります。

仏教では、ご先祖さまのいる世界<極楽>を「彼岸(ひがん)」、いま私たちが生きているこの世界を「此岸(しがん)」といい、「彼岸」は、西に位置し、「此岸」は、東に位置するとされています。
3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、この時期に先祖供養をするようになりました。

お彼岸の期間は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間です。
それぞれの初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、春分の日・秋分の日を「中日(なかび・ちゅうにち)」といいます。

お彼岸では、お盆(ぼん)の時のような特に決まった行事や飾(かざ)りつけをすることはありませんが、一般的には中日の前後にお墓まいりに行きます。

お彼岸の期間の7日間は、中日がご先祖さまに感謝する日、その前後6日間は、人が生きていく上で良いことと悪いことをきちんと判断し、正しい行いができるようになるための6つの行い
1.分け与える、
2.規律を守る、
3.怒りをすてる、
4.努力する、
5.心を安定させる、
6.智慧をあらわす
を1日に1つずつ行う大切な期間です。

ご先祖さまへの感謝の気持ちをもって、普段の生活の中では、正しい行いをするように心がけてみましょう。

お墓は、ご先祖さまが眠るとても大事な場所です。

お彼岸の期間には、家族みんなでお墓まいりに行き、大切に守っていきたいものです。

お墓まいりに行ったらまずは、お墓のそうじ!
墓石を洗い、雑草をぬくなどしてお墓のまわりをきれいにし、お花やお線香をお供えします。
その後、ご先祖さまに生まれてきたことを感謝し、最近の出来事などをたくさんお話しするようにしてみましょう。

お家に仏壇がある場合は、仏壇や仏具をきれいにそうじし、おはぎや季節の果物などをお供えします。

お彼岸の食べ物といえば、「ぼたもち」と「おはぎ」。

「ぼたもち」「おはぎ」には、あんこ、きな粉、ゴマ、青のりなどがありますが、その作り方は、もち米などを炊(た)いて、つぶしたものを丸めてからあんこやきな粉で包むというものです。

いったい、どこが違(ちが)うのでしょう。

「ぼたもち」と「おはぎ」は、それぞれ「牡丹餅(ぼたもち)」、「お萩(はぎ)」と漢字で書きます。

これは、春のお彼岸の頃には「牡丹(ぼたん)」の花が咲き、秋のお彼岸の頃には「萩(はぎ)」の花が咲くことに由来(ゆらい)しています。
また「牡丹(ぼたん)」の花は、大きな花ですから「牡丹餅(ぼたもち)」は大きめに、「萩(はぎ)」は小さな花なので「お萩(はぎ)」は小ぶりに作られるようになりました。

つまり、「ぼたもち」と「おはぎ」は、基本的には同じ食べ物ですが、食べる季節が違うため、呼(よ)びわけるようになったのです。

あんこに使われる“あずき”は、古くから悪いものを追(お)いはらう効果(こうか)があるとされてきました。
春は、種をまき、食物(しょくもつ)の成長を願(ねが)う季節、秋は、食物の収穫(しゅうかく)の季節です。
この時期にあずきを使った食べ物を食べたり、ご先祖さまに感謝することは、自然への感謝や祈(いの)りとも深(ふか)くむすびついているのです。

彼岸=日願という説もあります。

これは太陽信仰からのもので、春分と秋分は昼夜の長さが切り替わる節目の日で重要な日です。日に願うから日願になったと言われます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。