仏教のことば:「有(う)」

Pocket

有(う)

梵語バーヴァの訳。
存在。
生存の場所。
生死輪廻

存在する状態  「有(う)」

心の働きや感情を持つものを有情うじょうといいます。生きているものの総称として使われています。衆生しゅじょうともいいます。

この有情が、迷いの世界で輪廻転生するとき、その1サイクルのなかで、どのように存在するか、存在の状態を四つに分けたのが四有です。

本有(ほんぬ)・・・受生後から死ぬまで=現在の生存。
死有(しう) ・・・・・死の瞬間=臨終。死ぬときの一刹那。
中有(ちゅうう)・・・死んでから次の生を受けるまで=死有と生有の中間。
生有(しょうう)・・・生を受けた瞬間。生まれる一刹那。

四有、それぞれの期間

生を受けた瞬間というのは、母親の胎内に魂が入った時点をさします。仏教では、この時点を生まれた瞬間と考えます。したがって、母親の胎内に居る約10ヶ月の期間も年齢に加算され、母親から出た時には一歳と数えます。

生有と死有は、一刹那という、ほんの一瞬の短い時間です。本有と中有には、さまざまな期間があります。

本有は一念から億百千劫まで。
一念は短い時間を表す言葉で、1刹那から90刹那くらいといわれています。
億百千劫は極めて長い時間で、1劫は43億2000万年と言われます。

中有は中陰ちゅういんとか中蘊ちゅううんともいいます。期間は、7日、49日、定め無し、など諸説があります。また中有にも死生あり、とする説もあれば、中有は無いとする説もあります。

中有の期間の身体は、すでに次に生まれる姿をしていますが、ごく小さいため肉眼では見えないとされています。中有は乾闥婆けんだつばとも呼ばれ、香りのみを食物とする霊的な存在=中有の身体で、食香じきこうとも呼ばれます。

中有の無い世界

有情=心を持つものは、輪廻転生で下記のような三つの世界を 行ったり来たりします。そこで少しでも良い世界へ生まれ変わるようにと、死有から生有までの中有の期間、七日ごとに供養が行われるようになりました。そして七回目の四十九日が重要な供養日となり、満中陰と呼ばれます。