仏教のことば:「名号(みょうごう)」

Pocket

スポンサーリンク

名号(みょうごう)

仏・菩薩の称号。
名は体をあらわし、号は徳をあらわすといいます。

「阿弥陀仏」の四字、「南無阿弥陀仏」の六字を名号といいます。浄土系の宗派では、阿弥陀仏の仏像のかわり、六字の名号がかけられ本尊としておまつりすることがあります。浄土真宗では、このほか「帰命尽十方無光如来」という十字名号や、「南無不可思議光如来」という九字名号なども本尊に用いられています。

仏陀や菩薩の称号をさしていう。仏教ではこの名号を唱えることに大きな意義を認める。浄土宗西山派および浄土真宗では,「南無阿弥陀仏」の6文字を阿弥陀如来の名号とする。浄土真宗では,「南無不可思議光如来」の9字,「帰命盡十方無礙光如来」の 10文字も同じく弥陀の名号とする。

出典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一般にはすべての仏・菩薩の称号のことですが、浄土教では特に阿弥陀仏の名前をさしていい、「六字名号」「九字名号」「十字名号」がよく知られています。

六字名号(ろくじみょうごう)とは、 「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の六文字のことをいいます。 「南無」が帰依する(=信じてその力にすがる)という意味なので、全体で阿弥陀仏に帰依するという意味になります。 名号の中では六字名号が最も尊重されており、本尊として用いられる場合があります。

九字名号(くじみょうごう)とは、 「南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい)」の九文字のことをいい、意味は「南無阿弥陀仏」と同じです。 「不可思議光」はどのように言葉を尽くしても捉え切れない智慧のはたらきという意味で、「不可思議光如来」は阿弥陀仏のことを指します。

十字名号(じゅうじみょうごう)とは、 「帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」の十文字のことをいい、意味は「南無阿弥陀仏」と同じです。 サンスクリット語のnamas(ナマス)の漢訳が「帰命」、音写が「南無」なので、「帰命」と「南無」は全く同じ意味です。 また「尽十方」はあらゆる場所、「無碍光」は何物にも遮られない仏の発する智慧や救済力の光という意味で、「尽十方無碍光如来」は阿弥陀仏のことを指します。

他に「南無不可思議光仏(なむふかしぎこうぶつ)」という八字名号もありますが、これも「南無不可思議光如来」つまり「南無阿弥陀仏」と同じ意味です。

阿弥陀仏に帰命する意味をあらわす名号には、「南無阿弥陀仏」の6字、「南無不可思議光如来」の9字、「「帰命尽十方無碍光如来」の10字の3種類があり、これを本尊として安置したのは親鸞から始まった。

六字名号
南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)
『観無量寿経』の「下品下生」
「かくのごとく心を至して、声をして絶えざらしめて、十念を具足して南無阿弥陀仏と称せしむ。仏名を称するがゆえに、念念の中において八十億劫の生死の罪を除く。」

九字名号
南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい)
『讃阿弥陀佛偈』
「不可思議光 一心帰命稽首礼」

十字名号
帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)
『無量寿経優婆提舎願生偈』(『浄土論』・『往生論』)
「世尊我一心 帰命尽十方 無礙光如来 願生安楽国」

「本願名号正定業(ほんがんみょうごうしょうじょうごう)」の一句は、本願成就の名号が、まさしく往生の決定する業因(果を得させる力)であるといわれます。

「本願」というのは、迷えるすべての人々を救わねば仏にならないと誓われた阿弥陀仏の根本の誓願です。

阿弥陀仏の根本の誓願です。

その誓いの通り、私たちを救う力を成就されたのが阿弥陀仏です。

その阿弥陀仏の成就された功徳の全体を南無阿弥陀仏の名号として、私たちに与えて下さるのです。

では、どのようにして与えて下さるかというと、
十方の諸仏が名号のわけを讃嘆(さんだん)することによって与えて下さる。

つまり、十方の諸仏がたが名号の素晴らしさ、たのもしさを讃(たた)えてくださっているからといえましょう。

このことを具体的に私たちの上でいいますと、
仏であるお釈迦様が、阿弥陀仏の名号のわけを讃えた『大無量寿経』、
さらにひろげますと「浄土三部経」において、私たちにお説きくださっていることです。

お釈迦様は、阿弥陀仏の名号を私たちに与えるために『大無量寿経』説いてくださったのです。

その釈迦仏によって讃嘆されている名号が、私たちを浄土に往生せさてくださる力であると言われるのです。

「正定業(しょうじょうごう)」とは、衆生が正しく往生の決定(けつじょう)する業因(ごういん)ということであり、
その「業因」とは果を得させる力を意味します。

私たちにも名前があります。
親がつけてくれました。
自分たちの子どもとして”ようこそ、この世に生まれてきてくれました。
ありがとう”というよろこびと、わが子の生涯への期待を名前の中に封じ込めて、名付けてくださったにちがいありません。
一度、自分の名前が、どのような理由でつけてくださったのであるか。
意味はどうかなどを親にお尋ねしておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。