もったいない

勿体(もったい) ない 昔の食卓では、子どもがご飯をこぼしたりお菜を食べ残したりすると、親から「もったいない」といって叱られ、一粒のお米でも拾わされたりしたものですね。 幼いころ、ご飯粒をお茶碗に残しては「もったいない、...

看病

誰かに看病してもらいたいですか 風邪などで寝込んで動けない時、看病してくれる人がいると何かと助かりますね。 では、どんな人に看病してもらえるとうれしいでしょうか。 「もし風邪で熱が出て寝込んだ時、誰かに看病してもらいたい...

塔(とう)

卒塔婆は仏塔を簡略化し、五輪塔と同じく仏教の宇宙観である五大(空・風・火・水・地)を表しています もうすぐ東京スカイツリーが完成するよていですね。 東京タワーも東京スカイツリーも塔ですね。 卒塔婆は略して「塔婆(とうば)...

迷惑(めいわく)

迷(めい)は本当の道にまようことを意味し、惑(わく)は途方にくれてとまどうこと 「他人に迷惑をかけるな」「はた迷惑な話だ」「ご迷惑を、おかけいたします」「迷惑千万だ」から「近所迷惑」「迷惑駐車」まで、主として他人のことで...

普請(ふしん)

普請は字の如く「普く 請う」という語で労役に携わる 「家の普請」といえば、家の改築か新築のことをいいます。 「道普請」といえば道路工事。 建築や工事を指す言葉ですが、事の起こりは仏教の地インドに求めることができます。 イ...

蒲団(ふとん)

蒲の葉で編んだもの、つまり、[蒲]の葉の[団]円、つまり、文字通り蒲団 私たちが毎日お世話になるものに蒲団(布団・ふとん)があります。 蒲団「布団」と書く場合もあるが、あれはあくまで当て字です。 もちろん、寝具を指すこと...

有り難い

有り難いとは、「あることが稀れだ」と 「ありがとう」は感謝する意味ですが、 その語源は「有り難し(ありがたし)」といいます。 原典は法句経というお経に 『人の生を享くるは難く やがて死すべきもの 今いのちあるは 有り難し...

仏教の一期一会

「時」を「今の一瞬」としてとらえ、人との出会いを大切にし、おろそかにしないように 自分も大好きなことばに「一期一会」ということばがあります。 別の自分だけのブログにのこのことばで表題をつけています。 人生のいろんな場面で...