仏教のことば:「一念三千(いちねんさんぜん)」

Pocket

一念三千(いちねんさんぜん)

一念の心の中には、宇宙の森羅万象あらゆるものがそなわっているという意味です。

一念三千(いちねんさんぜん)とは、天台宗の観法であり、また根本教理とする。 一念の心に三千の諸法を具えることを観(かん)ずることである。 中国天台宗の開祖である天台大師・智顗が創案したとされる。

いちねんさんぜん【一念三千】

人間の日常の一瞬一瞬のかすかな心の動きに,三千の数で現された宇宙のいっさいのすがたが完全にそなわっているということ。天台宗の基本的な教説の一つ。智顗(ちぎ)の《摩訶止観(まかしかん)》五ノ上に〈此の三千は一念の心に在り,若(も)し心無くば已(や)みなん,介爾(けに)も心あらば即ち三千を具す〉とあるにもとづく。三千の数は,迷悟十界が互いにそなわり合って百界となり,そのそれぞれが実相の十種(十如是)をそなえて千となり,さらにそれが衆生,国土,五陰の三世間にわたっているから三千となり,この三千で宇宙のいっさいの現象(諸法)を表現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について

一念三千とは、仏が甚深(じんじん)の仏智(ぶっち)をもって悟られた法門で、これによって、宇宙間のあらゆる事象(じしょう)の真実の姿を捉(とら)え、さらに、一切衆生(しゅじょう)に真の幸福を開く道を示すという教えだす。

一および三千という数についてですが、これは、一つの実在(一念)を三千という体系で捉えています。

その三千の体系というのは、

十(界)×十(界)×十(如是)×三(世間)=三千という構造によって成っています。

一念三千について示した天台大師の『摩訶止観』を次のように引用されています。
「この三千の諸法は、一念の心にある。もし心が無ければそれまでのことであるが、たとえわずかでも心が有るならば、そこに三千の諸法が具わるのである」

わずかでも私たちの「一念の心」があるところ、そこに「三千の諸法」が具わるということです。

「三千の諸法」とは、全宇宙に起こりうる、あらゆる現象です。つまり、私たちの一瞬一瞬の生命に全宇宙を具しているということになります。別の御書では、「山も海も、太陽も、月も、星々も、皆、私たちの胸中(己心)にある」

すべての生命が大宇宙と不可分のかけがえのない小宇宙であり、尊極で宇宙大の可能性をもつ存在であると捉えるのが仏法です。このことを覚り、この正しい生命観のもとで人間として正しく生きていく智慧と、すべての人をこの哲学で救っていきたいという慈悲を起こした人が仏です。