仏陀真理のことば:第十章暴力

第10章は、仏教の非暴力、不殺生、不戦の思想についてのテーマです。 他の宗教と比べて、もっとも仏教の優れている教えではないでしょうか。 仏陀の生きた時代は、インド史上最も不安定な激動期であり、戦争や社会不安の情勢の非常に...

仏陀真理のことば:第九章悪

第9章は「善と悪」についてのテーマです。 非常に難しいテーマで、見方によって善と悪が入れ替わるというようなことが起こりえます。 善と悪とは本当に区別できるのでしょうか。 仏陀の教えの第1番目の教えでは、人を殺すということ...

仏陀真理のことば:第七章真人

第7章は物事の本質についてまとめられています。 仏陀は、何一つ不自由のない王子の位を捨て去って出家しました。 お城を出るときは、首飾りや腕飾りなど綺麗に整えられていました。 まだ悟りに到る以前の、その出家直後に既に思われ...

仏陀真理のことば:第三章心(1)

第3章は「心とは一体何」というテーマでまとめています。 いろいろの言われ方をしていますが、はっきりと定義することはなかなか難しいことです。 自我とは何かに通じます。 その自我をみるには勉強と修練、すなわち修行が必要だとさ...