仏陀真理のことば:第十四章ブッダ(2)

Pocket

心を清めた上での善でなくてはならない。

善と悪との区別は元々存在しないのです。
これは第9章で出てきた「善と悪」でも説かれています。

179
ブッダの勝利は敗れることがない。
この世においては何人も、かれの勝利には達しえない。
ブッダの境地はひろくて涯しがない。
足跡をもたないかれを、いかなる道によって誘い得るであろうか?

180
誘なうために網のようにからみつき執著をなす妄執は、かれにはどこにも存在しない。
ブッダの境地は、ひろくて涯しがない。
足跡をもたないかれを、いかなる道によって誘い得るであろうか?

181
正しいさとりを開き、念いに耽り、瞑想に専中している心ある人々は世間から離れた静けさを楽しむ。
神々でさえもかれを羨む。

182
人間の身を受けることは難しい。
死すべき人々に寿命があるのも難しい。
正しい教えを聞くのも難しい。
もろもろのみ仏の出現したもうことも難しい。

183
すべて悪しきことをなさず、善いことを行ない、自己の心を浄めること、──これが諸の仏の教えである。

184
忍耐・堪忍は最上の苦行である。
ニルヴァーナは最高のものであると、もろもろブッダは説きたまう。
他人を害する人は出家者ではない。
他人を悩ます人は<道の人>ではない。

185
罵らず、害わず、戒律に関しておのれを守り、食事に関して(適当な)量を知り、淋しいところにひとり臥し、坐し、心に関することにつとめはげむ。
──これがもろもろのブッダの教えである。

186
たとえ貨幣の雨を降らすとも、欲望の満足されることはない。
「快楽の味は短くて苦痛である」としるのが賢者である。

187
天上の快楽にさえもこころ楽しまない。
正しく覚った人(=仏)の弟子は妄執の消滅を楽しむ。

188
人々は恐怖にかられて、山々、林、園、樹木、霊樹など多くのものにたよろうとする。

189
しかしこれは安らかなよりどころではない。
これは最上のよりどころではない。
それらのよりどころによってはあらゆる苦悩から免れることはできない。

190、191
さとれる者(=仏)と真理のことわり(=法)と聖者の集い(=僧)とに帰依する人は、正しい知慧をもって、四つの尊い真理を見る。
──すなわち(1)苦しみと、(2)苦しみの成り立ちと、(3)苦しみの超克(チョウコク)と、(4)苦しみの終減(オワリ)におもむく八つの尊い道(八聖道)とを(見る)。

192
これは安らかなよりどころである。
これは最上のよりどころである。
このよりどころにたよってあらゆる苦悩から免れる。

193
尊い人(=ブッダ)は得がたい。
かれはどこにでも生れるのではない。
思慮深い人(=ブッダ)の生れる家は、幸福に栄える。

194
もろもろの仏の現われたまうのは楽しい。
正しい教えを説くのは楽しい。
つどいが和合しているのは楽しい。
和合している人々がいそしむのは楽しい。

195、196
すでに虚妄な論議をのりこえ、憂いと苦しみをわたり、何ものをも恐れず、安らぎに帰した、拝むにふさわしいそのような人々、もろもろのブッダまたその弟子たちを供養するならば、この功徳はいかなる人でもそれを計ることができない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。