仏陀真理のことば:第六章賢い人(1)

Pocket

第6章は「賢い人」とは何であるかがテーマです。

この6章には、賢い人につき従うのが良いとか、悪友と交わるなとか、賢者は心理を聞くなどの詩が多くあります。

(1)教えの中から、真実なるものを選び取ると同時に、偽りのものを除くこと。
とされています。

いろいろの人がいろいろのことを教えてくれます。

仏教にはキリスト教のような聖書はありません。
仏陀の教えをいろいろの人がいろいろに解釈し、それぞれが正しいと考えて行動し、教えを説いています。

そうすると、中には少し脱線した教えが入り込んでくる可能性もありますから、闇雲に取り入れるのではなく、偽りのものは除けといっています。


(2)精進。
一心に努力しなくてはならないと言うこと。

(3)真実を知った喜びにひたること。
仏陀の教え、法を聞き、その正しさと偉大さに素直に感銘し、その法を得た喜びを心に感じなくてはなりません。

(4)心身を軽やかにすること。
現代でも正にそのように言われています。
健全な心、健全な身体は必須条件ということが出来ます。
思い悩んでいてはいけませんし、病弱でもいけません。
心身ともに健康であることが必要です。

(5)一切のとらわれを捨てなければなりません。
執着こそが苦の元であり、煩悩の源です。
更に執着だけではありません。
間違った考え方を正しいと思い込んでいる、そういうとらわれをも捨て去らねばなりません。

(6)心を乱さないこと。
落ち着きを持つことなのですが、それは身体の動きだけではありません。
精神が安定していなくてはなりません。
あれかこれかと迷うことは心に乱れがあることです。

(7)思いを一心にすること。
念じるということです。
やはりこれも心を乱すなと言うことに通じています。

このようにすることによって、法を悟り、心のあり方を正しくしなければなれません。

そうして執着を捨て、むさぼりを捨て、煩悩を捨てつくして、賢い人になると説いているようです。
輝く人になるのです。

輝く人は、来世で地獄や極楽に行くのではありません。
「現世において、束縛から解かれている」と言っているのではないでしょうか。

これは仏陀の教えの大切なところです。

地獄極楽は方便として仏陀も説いていますが、それはそのように説いたほうが分りやすい人に対して説かれた言葉であり、仏陀の真の教えはこの現世において束縛から解かれる事だと思います。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。